ブログトップ

・・・as a shop

asashop.exblog.jp

<   2015年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

クリスマスリース ワークショップのお知らせ

毎年ご好評いただいているクリスマスリースのワークショップ。
名古屋、長久手に加え、今年は浜松でもさせていただくことになりました。
c0248938_10521612.jpg

■会場 MAMEMAME-YA
浜松市中区鹿谷町2-26
■日時 11月30日(月)9:30~12:30
■定員 6名
■参加費 4900円(ワンドリンク付き)
■持ち物 エプロン、花切ばさみ(なければキッチンばさみでも)
     完成リースのお持ち帰り用に、
     底面35センチ角以上の箱、段ボールなど
■申し込み方法  完全予約制です。前日までに店頭もしくはWEBにてご予約ください。
      店頭 090-6762-8658  
      WEB予約はMAMEMAMEYAさんHPよりリンクがございます。
c0248938_10535424.jpg

生のモミをメインに、スギ、ユーカリ、コニファーなどを贅沢に使って
ボリュームたっぷりの生リースを作ります。仕上げには松笠やペッパーベリーを。
完成サイズは直径30㎝。グリーンの香りがさわやかな大きなリースでクリスマスを迎えましょう!
赤い実は付けずにナチュラルに仕上げますので、クリスマスが終わっても飾っていただけます。
[PR]
by asashop | 2015-10-29 11:06 | as・・・

刺繍

夕方は子どもたちがダイニングテーブルで宿題を広げるので、ミシンをしたい私も含めてしばしば領土争いが勃発します。
たいていは私の「あんたたちは自分の部屋に自分のデスクがあるでしょっっ!」という鶴の一声で決着しますが、私の作業内容によっては丸く収まるわけです。私もそれは自覚していて、子どもたちが宿題する時間帯は毎日決まってるんだし、それまでにミシンは済ませてしまえば。と思うものの、まあ、スイッチが入るとなかなかけじめががつけられない訳です。日頃子どもたちにはケジメつけろと散々言うんですが(笑)

最近は、うまくケジメをつけて、というより、小さな手作業がマイブーム。
c0248938_09011543.jpg

これだと、領土争いに発展することもありません。針と糸だけですし。
何年か前に娘のカーディガンを作った端切れを引っ張り出してきて、刺繍して、ちょっと大きめブローチに。
ビーズで縁取るのは最近の私のブーム。1つづつ付けるのでなかなか時間はかかりますが、単調な作業は嫌いではないのです。それこそ子どもたちとおしゃべりしながら。おしゃべりしながら漢字の書き取りなどできない子どもたちはなかなか進まないようで、少しの宿題なのに1時間以上かかってたりする…仕方あるまい。時間かかるのが嫌だったら、自分の部屋で集中してやってよね。

ところで、最近買ったレシピ本でこんな事を知りました。布を型紙の通りに切るときは、型紙を右に置いて左から切る。
こんな風です。
c0248938_09011521.jpg

ま、たいてい型紙は出来上がり線で作ってその周囲に縫い代をつけて裁つので、型紙のライン通りに裁つことはあまりないのですが、たまにこんな必要があれば型紙の右からハサミ入れてましたよね…。ちゃんと切れてるんですが、左から切った方が確かに型紙のライン通りにシャープに切れます。これは目からウロコ。

私は学生のころ建築をやっていて、日々設計課題に追われて図面を描き散らかしていたのですが、製図を習い始めた時に驚いたことがあります。製図の基本のキなのですが、縦線をひくときは、定規の左から。

私は右利きなので、定規を紙面に縦に置いて左手で押さえたら、その定規の左側に沿って下から上へ線をひきます。なので、手はクロスした感じになります。上の写真で言うと、型紙が定規、ハサミが鉛筆。型紙を手で押さえつつ、ハサミがたどっているラインを、鉛筆で下から上へ引く。

なんともアクロバティックに聞こえますが、これが綺麗で正確な線をひくコツ。定規の右から線をひくと、線が左右にブレやすく、均一な線が引きにくくなります。線が美しく洗練されていることは製図の肝なのです。

この、布を裁つコツにしても縦線のコツにしても、プロのやり方というか、理詰めではない、経験に基づくやり方があるのだなぁと今更感心しました。布を裁ったその切り口が洗練されます。こういうことはちゃんとアンテナ張ってないとダメですね。知って良かった。精進します。

[PR]
by asashop | 2015-10-28 08:16 | as・・・

MAMEMAME-YA さん

ご縁ありまして、魅力的なお店に納品させていただくことになりました。
松城幼稚園前の小さな一軒家のお店です。

MAMEMAME-YA
浜松市中区鹿谷町2-26
open 平日9:00-16:00 土曜10:00-15:00
定休日 日曜・祝日

1階はショップ。
オーナーさんであるpocoriさんが手がけるリネンのお洋服をはじめ、魅力的なハンドメイド作家さんがたくさん納品されています。パンや焼き菓子も。私as…は、クイリングカードを納めさせていただいています。

2階はカフェ。
ミシンなどの道具もあって、貸していただけるそうです。
レンタルスペースとしての利用もでき、いろんなワークショップが開催されています。11月末にこちらでリースレッスンをさせていただく予定です。また詳細決まりましたらこちらでもご案内いたします。

さて、夏前からたくさんお洋服のオーダーをいただきました、ありがとうございます。このブラウスも何枚作ったことか…。
c0248938_10450916.jpg

黒でお作りしましてお盆明けに納品しましたかた。大変気に入っていただけたそうで、色違いも!と、今度は白でのオーダーです。
時期が随分変わりましたし、今回はちょっとしっかりめの生地で、白も真夏のような真っ白でなくてややミルキーな色の生地をセレクトしました。ハンドメイドの良いところですよね、既製品だと、色違いはあっても厚みが違うのはありませんし…。2枚目のオーダー、嬉しかったです、ありがとうございました。


来月は長久手でのイベント「てしごと市コクシネル」がありますが、そちらでも新作のお洋服をご紹介すべく、試作を進めています。やっぱり基本はリネンのお洋服なのですが、今回は厚めの生地でワンピースなど。。。

[PR]
by asashop | 2015-10-21 10:01 | as・・・

social tower market

ギリッギリのご案内になってしまいましたが!

委託でお世話になっている欧風惣菜のお店キュッヒェさん。この土日、名古屋のテレビ塔界隈で開催されるsocial tower marketに出店されます。

このブログでも時々カウンターのワインを載せて自慢していますが、なにしろ浜松。名古屋方面の方にはなかなか試していただけなかったのですが、これはチャンスですよ。ワイン大好きな店主が作るお料理、本格的だけれど優しいお味で、子供たちもここのお惣菜大好き。本当におすすめです。
この土日に栄方面にお出かけの方。ちょっと立ち寄ってみて下さいね。キュッヒェさんのブログはこちらです。
[PR]
by asashop | 2015-10-16 18:21

リバティ

いわずと知れたリバティ。
時々買いますが、使うのは実はそんなに得意じゃありません。ハンカチサイズの端切れを買ってきて、小さくちょこっと使います。ポケットの縁どりとか、くるみボタンとか。
だけどそんな小さな面積でも、リバティってわかっちゃう不思議。やっぱりリバティには特別な世界があります。
c0248938_22135342.jpg

リバティタナローンはとっても薄くて、ブラウスには最高ですが、単独では雑貨にはちょっと使いにくかったりもします。が、ラミネートされてるものはとっても扱いやすいのです。なにしろ切りっぱなしでいい。いろいろ遊べます。
これは、1センチくらいの幅に切って、リボンの形に。小さな小さなブローチ。
前回の記事でがま口ポーチにした残りを使っていますが、小さく切るとなんだか違う生地みたい。どう切ってもかわいいのがリバティ。
c0248938_22135379.jpg

こちらは同じくリバティのバイアステープをリボン状にしてヘアピンに。
小さいゆえ、切るところで出る色合いが全然違う。全部一本のバイアステープから取ってるんですけれど、グレーメインだったりボルドーメインだったり。
小さく使ってこそのお楽しみです。かわいいものは小さくて良いのです。




[PR]
by asashop | 2015-10-15 21:51 | as・・・

atelier trefleさん11周年です

委託でお世話になっている名古屋は藤が丘の花屋atelier trefleさん。今月11周年を迎えられます。今年も恒例のアニバーサリーイベントを企画されているとのこと。
10月8日(木)〜10日(土)です。詳細はこちら
私も転居前は毎年楽しみにしていたイベント。この日のためのスペシャルな焼き菓子が並んだり、お値打ちな花材があったりと、とても素敵なイベントです。お近くの方、ぜひ立ち寄ってみてください。私もこの日に合わせて少しですが納品させていただきました。
c0248938_19210642.jpg

今回納品したのはこちら。リバティのがま口ポーチ。小さい方は、きっちり正方形。大きい方は、ギャザーをたっぷり寄せて。
c0248938_19210635.jpg

中はいつものように派手に。これはもうクセみたいなもので、中が地味だと悪いことしているみたいな気になってしまいます(笑)これはちょっと、ママのお化粧ポーチと、ママの真似っこしたいおしゃまさんのお財布にいいかも。

そして、先日ちらっと載せたリボンはこうなりました。
c0248938_19210739.jpg

バレッタと、ブローチ。
その他もろもろ納品させていただいています。お手に取っていただけると幸せです。

trefleさん、おめでとうございます。お花屋さんは年中素敵ですが、アンティークな色合いのお花、実のついた枝、春とはまた違った落ち着いた華やかさがあって大好きです。




[PR]
by asashop | 2015-10-05 18:54 | as・・・