ブログトップ

・・・as a shop

asashop.exblog.jp

糸のこと

c0248938_17093670.jpg

入園入学シーズンを前にして、ミシンを出してくる方もぼちぼちいらっしゃることでしょう。私も毎年この時期はきんちゃくの作り方などちょいちょい相談を受けたり、レッスンやオーダーを承ったりもしています。

それと、お買い物についての相談も結構あります。糸って、どれくらい要る?この生地とこの生地を合わせてバッグにしたいんだけど、糸はどっちの生地に合わせたらいい?
などなど。

ミシンビギナーさんにおすすめするのは右上のフラックスベージュ、シャッペスパン131番です。黄色味の少ない、ややグレーがかった感じのベージュで、私もナチュラル系の雑貨では一番よく使う糸です。フラックスリネンはもちろん、大抵のリバティプリントにも馴染みがよく、パッチワーク的に色々な生地を組み合わせる時にも悪目立ちせず、ダンガリーなんかにもイケる。本当に使える色です。入園グッズで使い切りませんから、できれば今回だけでなくて今後も使いやすい色が良いですものね。
これは700メートル巻の大玉。入園グッズ一式程度なら200メートル巻きので十分です。私は200メートルのではあっという間に無くなっちゃうので必ず700メートルのを買いますが、これが大玉ではなかなか売ってなくて(もっと黄色味の強いベージュの108番はよく見かけるのですが。でもこの黄色味の強さがどうも使いこなせない理由です)、見つけたら手元にまだあっても「…買っとこう。」となるわけです。今は手元に4本…ストックにしても多過ぎ。


通園バッグ作らなきゃ!教えて欲しい!などのご依頼でレッスンをお受けするときは、大抵は私の手持ちの糸でレッスンします。で、大抵はこの131番でこと足りるのですが、お洋服の場合にはそんなわけにもいきません。糸選びは大事。
c0248938_17104905.jpg

洋裁ビギナーさんにとってお買い物の仕方って難しいと思うのです。
糸などの副資材を買いに行くにあたってとにかくおすすめするのは、使う予定の生地を持ってお買い物に行ってください、ということ。生地の隅っこを5センチ角ぐらいに切った小さな端切れで良いのです。それがあれば、お店の人にいろいろ教えてもらえますから。
糸については、どんぴしゃりの色があればよいですが、ないことの方が多いです。迷ったら、生地の色よりも一段暗い色を選ぶと失敗がありません。

これはワンピースのオーダーをいただいて製作中なのですが、これも糸を迷いました…縫い始めて、うまく馴染んでくれてホッとしています。手芸店の糸の棚に何分居座ったことか。店内の照明じゃなくて自然光で見たくて、棚と窓際を行ったり来たりの超怪しい客。そして糸ってセロファンで巻いて販売しているのですが、これがまた色の判断を鈍らせます。セロファン剥いたの一本置いといてくれないかなぁ…


[PR]
by asashop | 2016-02-14 17:01 | as・・・
<< オーダーありがとうございます バレンタインデー >>